Store Menu :  Store Top / My account / Store Blog / Contact / Policy / Terms

Gevenalle CX2 フロントW

Category : ギブネール




オレゴン州ポートランドで誕生したばかりのGevenalle社のシフトレバーです。一言で言ってしまうと、Wレバー/バーコンをブレーキレバーの上に移動したSTI型ブレーキレバーです。



ポートランドのアダム・クレメンがマーク・ディヌッチの助け借りてアイデアを具現化した製品で、今まで誰も思いつかなかったのが不思議なほどのシンプルさ。すでにKONAのCXレーサーでであるエリック・トンキン(Sellwood Cycle Repairのオーナー)が実戦テストを行っており、ローカルレースでも優勝を遂げています。「1度に4-5段のギアを変速できる」という点を利点してあげており、これはSTIには無いメリットで、カンパの新しいEPS(電動)くらいしか実現できていない機能です。唯一の欠点は下ハンを持ったまま変速できない点ですが、CXではさほど問題にならないでしょう。



他のメリットとしては、軽量なことでアルテグラのSTIより軽くなります。また、フロントをシングルで使う場合にはデュラエースよりも軽くなります。CXレースで使われているように、構造がシンプルなので泥に強い、という利点もあります。



レバー自体は台湾のテクトロ製ですが、それにポートランドで製作したパーツを組み上げ、レバーにレーザーエッチングして仕上げており、パテント申請中です。製品にはシフターが含まれませんので、シマノの現行品で10速で使用可能なWレバーがSL-7900、バーコンがSL-BS79の品番で存在します。ちなみに、SL-BS79はフリクションでは使えません。



fat-and-standard-Small-v.jpeg

SL-7900ならそのままポン付けですが、古いシマノのWレバーはワッシャーがダウンチューブに沿うよう、Rがついており、そのままではレトロシフターに装着できませんので、STANDARD(シマノの品番でY-643 43000)というワッシャーに換える必要があります。また、バーコンの場合は片側がFATというタイプのワッシャー入ってるケースがあり、この場合もSTANDARDへ交換する必要があります。



* CX2は前後変速機有り仕様です


* シフターは別途御用意ください。純正の右側はこちらです

定価 15,000円(税抜)
販売価格

15,000円(税抜)

購入数
ペア
カラー
ブレーキレバーの色
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

Category

Search

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM